HARANA(ハラナ)は、フィリピンの言葉で ”セレナーデ”   − 当店は、フィリピン・グッズのセレクトショップです。


↓素材などに関する読み物/詳細です。

 ・TINALAK (布・ティナラック)
 ・PIÑA & JUSI(布・ピーニャ&フーシ)
 ・SILVER FILIGREE (シルバー細工)
 ・MACTAN STONE (マクタンストーン)
 ・CAPIZ (カピス貝)


↓フィリピン関連の書籍を紹介しています。


ホーム◇”フィリピン”ってどんな国? - PART ( II )

さて、みなさんは、「フィリピン」と聞いて、どんなイメージをお待ちでしたか?
おそらく・・・・・、
「保険金殺人、ゲリラ、誘拐=治安が悪い」、「貧困」、
「じゃぱゆきさん」 「xx 目的のオジサンが行くところ」、 エトセトラ、エトセトラ・・・・・
といったネガティブな イメージを お持ちではないでしょうか? (考え過ぎ?)

確かにそれらは、テレビや新聞等のマスコミを通して伝えられる「事実の一部」かもしれません。
しかし、勿論、それが すべてではありません。
世界一犯罪の多い都市といわれる「ニューヨーク」。
でもブロードウェイミュージカル、ウォール街、 今はなき貿易センタ ービル・・・、
トレンドの最先端をいく都市として、世界のリーダー的存在ではありませんか?

私達が住むこの『治安のよいはず』の日本でさえ、
病院に入院していても殺人事件に巻き込まれる ご時世。
「フィリピン = (イコール) 治安が悪い国」という認識は、
そろそろ変えるべきでは?と感じるのは、私だけでしょうか????


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ニューヨークと同じというわけではありませんが、
「フィリピン」には、日本のマスコミには あまり報道は されていなくても、
自信をもってご紹介できるポジティブなすばらしい面が いくつもあるのです。

まずは、なんといっても「海の美しさ」。
 7,107 の島々からなるフィリピンには多数のダイビングスポットがあり、
バラエティに富んだ珊瑚、 熱帯魚、回遊魚を目当てに、
世界中からダイバーが訪れます。

ビーチリゾートは各地に点在していますが、観光化されていない、
とっておきの美しいエリアが まだまだあるということです。
私が何年も前に訪れて感動し、今も忘れることのできない “星降るビーチ” については、
いずれ近いうちにお話ししましょう。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ビガン

“ワールドヘリテイジ”、いわゆる「世界遺産」も見逃せません。
歴史的遺産のみならず、大自然の賜ともいうべき見所が各地に点在しています。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

果物好きな人には、この国はまさに「フルーツ天国」です。
おなじみの、バナナ、パイナップル、 マンゴなども、未熟のまま収穫されているので
日本に輸入されたものとはちがい、まるでこれが同じフルーツなのか?と
感じるくらい味が濃く、甘さがちがいます。
また、日本ではまずお目にかかれないようなトロピカルフルーツも
数多く生育し、フィリピンを訪れる機会があれば、
是非味わっていただきたいもののひとつです。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
ibis

多くのフィリピン人ミュージシャンが来日していることからもわかるように、
彼らの「音楽レベルの高さ」、 特に歌のうまさ、リズム感は半端ではありません。
音楽のみならず、生まれもった「踊りのセンス」はたいしたもの。
音楽が聞こえると 自然に 体が動くようですが、あの腰の動きはラテン系民族や、
黒人に通じるものが あり、 私達日本人は、 到底足元にも及びません。

そんな彼らのエンターテイメントは、ホテルラウンジや、ライブハウスで楽しめますが、
マニラには、 レストラン、カフェ、ライブハウス、ブティックなどで構成された、
トレンディな若者が夜な夜な集まる ニュースポットが次々とできています。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

さて、フィリピンのよさを語るに忘れてはならないのが、
「フィリピーノ・ホスピタリティー」です。
何人(なんぴと)をも暖かく笑顔で迎えいれ、できる限りのおもてなしをする、
という精神は、 貧富の差がはげしい国ではありますが、階級層の上下にかかわらず、
誰もが持ち合わせているもの。
この国を訪れたことのある人なら、特に個人のお宅を訪問したことのある人なら、
彼らのホスピタリティーを少なからず経験されたことでしょう。

フィリピンを訪れるたびに
「レジが遅いなぁー、おしゃべりはいいけど、手も動かせてよう」、
「待ち合わせ時間が過ぎているよー」、「わぁー、渋滞!」 と、
どうしても文句が次々出てくるのですが、
結局、あのラテン系の乗りの「いいかげかげんさ」が 妙に心地よく、
またしばらくすると、フィリピンに向けて旅立つ私なのであります・・・・・・ 。

hospitality 

PART I はこちら・・・・・

◆ 当店のブログ、<ハラナの屋根裏部屋> では、ショップ内ではお伝えしきれない
フィリピン情報を発信しています。 是非こちらにもお立ち寄りくださいませ。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス